2022年度TOMH基礎コースS(オンライン開催) お申込みから開講までの流れ

■受講申込み受付期間

2022年5月1日(日)~2022年6月30日(木) *2022年度の募集は締め切りました。

 

■受講決定の連絡

2022年7月15日(金)前後に、個別に受講決定と受講料の振込先をお伝えいたします。

 

■受講料のお振込

2022年8月26日(金)頃までに受講料をお振込みいただく予定です。(2022年4月30日現在)

期日までにお振込みがなかった場合は、キャンセルされるものとみなしますので、ご注意ください。

 

*領収書と請求書は、経費での支払いで必要な方にのみ発行いたします。あらかじめご了承ください。

*なお、返金が可能なキャンセルの受付の期限は別途ご連絡させていただきます。 その際、振込手数料は差し引かせていただきます。

*キャンセル期限を過ぎての振込につきましては、一切ご返金できませんので、ご了承ください。

 

■受講票の送付

2022年10月1日(土)前後、プログラム開催についての詳細情報を、受講決定者の皆様にお知らせいたします。

申込みに際しての条件

本プログラムでは、効果的な教育を実施するために、以下の条件を満たす方を対象といたします。ご理解いただければ幸いです。

(※開講日までに、資格を証明する書類のコピーを所定のフォームにアップロードしていただきます)

  1. 産業医:実務経験3年以上(嘱託を含む)の方
  2. 精神科医:職場のメンタルヘルスに関わる業務やプログラムの経験のある方 
  3. 産業看護職:実務経験3年以上(嘱託を含む)の方
  4. 社会保険労務士:実務経験3年以上 の方
  5. 心理職:臨床心理士または公認心理師の資格を有している方(公認心理師のみの場合は、職場のメンタルヘルスにかかわる実務経験3年以上の方)
  6. 精神保健福祉士:職場のメンタルヘルスにかかわる実務経験3年以上の方
  7. 人事労務担当者:実務経験3年以上の方(大阪商工会議所メンタルヘルス・マネジメント検定のⅠ種またはⅡ種を取得していることが望ましい)
  8. その他:上記と同等の知識、経験をもっていると事務局が判断した方

<資格を証明する書類の例>

  1. 産業医:産業医資格の証明書の写し
  2. 精神科医:医師免許の写し
  3. 産業看護職:看護師免許もしくは保健師免許の写し
  4. 社会保険労務士:社労士免許の写し
  5. 心理職:臨床心理士免許または公認心理師免許の写し
  6. 精神保健福祉士:精神保健福祉士免許の写し
  7. 人事労務担当者:在職証明書(所属部署の記載が必要)

 

 

キャンセルについて

プログラムのお申し込み後にキャンセルする際には、期日までに必ずご連絡いただきますようお願いいたします(期日は受講生に別途通知いたします)

期日以降のキャンセルにつきましては、一切ご返金できませんのでご了承ください。

事務局

東京都文京区本郷7-3-1

東京大学本郷キャンパス

医学部3号館

東京大学大学院医学系研究科

デジタルメンタルヘルス講座・

精神看護学分野

 

担当:飯田真子、小川明夏、土肥由莉

TEL:070-1276-4740

※新型コロナウイルスの影響で、現在電話対応を中止しております。

お問い合わせはE-mailにお願いいたします。

E-mail:tomh@m.u-tokyo.ac.jp

 

2022TOMH基礎コースSリーフレット
TOMH2022リーフレット0520更新.pdf
PDFファイル 1.1 MB

このサイトを共有

職場のメンタルヘルス関連リンク一覧